So-net無料ブログ作成
検索選択
TV・映画に勝手にダメだし!? ブログトップ

いよいよ「清須会議」公開ですねぇ♪ [TV・映画に勝手にダメだし!?]

三谷幸喜サンの「清須会議」 実は、試写会で観て来ました♪
20131108映画.jpg期待通りの面白さです。


清須会議 (幻冬舎文庫)

清須会議 (幻冬舎文庫)

  • 作者: 三谷 幸喜
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2013/07/26
  • メディア: 文庫




10月31日、Air-G試写会があり、ダーリンと行って参りました[揺れるハート]
予想外!?に、50~60歳代風のカップル??が多く、私どもも、その一部でございました。

で、まあ、原作本に忠実な訳で、読んでから観た派の私としては、予定通りにお話が進み、
でも、ちょっと、映画、ははしょった感もあり・・・でしたなぁ[あせあせ(飛び散る汗)]
観てから読む派のダーリンは、人間関係の把握に少々難渋かと・・。
だって、配役が豪華なので、それだけで、画面に登場すると面白い!!
大泉さん、大活躍で、秀逸でしたなあ。
役所さんも存在感はありますが、ちいっと喰われた感じ!!!
大泉さんが出てきただけで、もう、会場からは笑いがおこるんですもん。
特に、おばちゃんたちの反応の良いことといったら・・・♪
いやぁ~、本当、大泉さん、出世しましたなぁ~。

ただ、原作よりも、時代劇コトバなのが、ちと残念。
これは、本は本で楽しみ、映画は映画で楽しみなさいってことですね。

ということで、
映画としては、       ★★★★★(ホシいつっつでっす) 
原作を読んだ身としては、 ★★★★☆ といたしました。
お勧め映画であることは、まちがいありませんっ!!!

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「清須会議」読んで、映画の公開待ち・・・。 [TV・映画に勝手にダメだし!?]

三谷幸喜サンの「清須会議」読みました。
期待通り!?の面白さです。


清須会議 (幻冬舎文庫)

清須会議 (幻冬舎文庫)




現代語訳で進められるモノローグ主体のお話。
時代物ってのを感じさせず、サクサク読めることこの上ありません。
織田信長が亡くなった後の主導権争いですが、
メジャーな人(勝家とか、秀吉とか、市とその娘達とか・・・)しか知らなかったので、一応、勉強になりました。
(一応というのは、ついつい、ストーリーそのまま史実だと信じてしまいそうな自分に自重の念を込め*.*)

映画化されることを念頭に置きながら、表紙の役者さんたちの写真を見比べ、
だれが、どの役なのかな~と想像しながらあっという間に読破。

そこから、おもむろに、映画の公式サイト < http://kiyosukaigi.com/ >を訪ね、配役チェック
ふむふむ、なるほどね~と、ここでまた楽しむ。
北海道出身の大泉さん、出世したね~、とか。
三谷映画、いつもの方々ね~、とか。
そこに、妻夫木くんもってきたのね、とか。
やっぱり勝家は、そうだよね・・・、とか。

そして、公開を待つという段階です♪
まあ、ダメだしはないと思いますが、映画を見たら、また続きを・・・。
あ、勿論、映画、期待大です!!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

9/12:観てから読んだ「パンとスープとネコ日和」 [TV・映画に勝手にダメだし!?]

放送は終わってしまいましたが、WOWWOWで観ました。
「パンとスープとネコ日和」

パンとスープとネコ日和 (ハルキ文庫 む 2-4)

パンとスープとネコ日和 (ハルキ文庫 む 2-4)



すごく昔、群ようこさんのエッセイなどは、随分読みました。懐かしくて・・・
この本は読んではいませんでしたが、WOWOWにて鑑賞。
小林聡美さん、もたいまさこさんも、光石研さんに加瀬亮さん、市川美和子さんなど
このメンバーでお馴染みの感じの出演陣。
そうそう、「かもめ食堂」もそうでしたねえ。
で、そんな感じのワールド全開でした。(ワールドは全開だけど、テンションはもちろん低め安定*.*)
落ち着ける感じの、ちょいとホロリとくる、よいドラマでした。

そこで、原作を読んだ次第です。
主人公のアキコさんの年齢が比較的近く、より一層親近感が沸いた感じ。
ただ、ドラマを見てから読むと、ちょいと物足りない感じ。
だって、お店やお住まい、お料理、お隣の喫茶店のおば様・・・。
とってもドラマでは魅力的に映し出されていましたもの。
原作はサラリでしたからねぇ
アキコさんのファッションも良かった♪
にゃんこの最期が原作とは違っていましたが、ドラマのほうが心安らかでよかったかしら・・・。

という訳で、群さんには申し訳ありませんが、ドラマを先に観たので、ほんわか良い気持ちになれました。
まあ、文字から世界を想像する力が乏しくなっている私には、ちょいと楽させてもらったかな・・・。

WOWWOWドラマは、概ね、私の評価は高いです♪
実は、今、「震える舌」の原作本を図書館の待機リストに入れているところ。
これが、人気で、年内読めるのかな~という感じ。
先に、映像化されたものを観てしまうと、どうも買う気持ちをそがれちゃったりして・・・。

でも、三谷さんの「清須会議」(映画化決定済み)は公開前に購入しちゃいました。
これは、絶対に、原作先読みがお勧めな感じです!!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

我が家もあまちゃん [TV・映画に勝手にダメだし!?]

連続テレビドラマなど見ないダーリンでさえはまってしまいました。

           JJJJJJJJJJJJJJJJ
            あまちゃん
           JJJJJJJJJJJJJJJJ

先日の、朝まであまテレビをしっかり見て、すっかり追いつき、
お盆明けから、毎日録画して見ています。
で、今日の放送・・・。
やっぱり、太陽は、左斜め上には昇らないべぇ*.*
"逆回”は ホドホド に ねっ。
でも、明日もみます!!!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ダレ向け? 「終戦のエンペラー」を鑑賞して・・・ [TV・映画に勝手にダメだし!?]

久々の映画鑑賞。渋めに、「終戦のエンペラー」を選びました。
=======================================
EMPEROR 終戦のエンペラー
 「昭和天皇とマッカーサーとの一枚の写真に込められた歴史の真実とは?」
 「終戦直後の歴史の裏側は?」
プロデューサー 奈良橋陽子・野村祐人
監督       ピーター・ウェーバー
原作       岡本嗣郎
http://www.emperor-movie.jp/

終戦のエンペラー 陛下をお救いなさいまし (集英社文庫)

終戦のエンペラー 陛下をお救いなさいまし (集英社文庫)

  • 作者: 岡本 嗣郎
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2013/05/17
  • メディア: 文庫


=======================================

夏休みの土曜日、午後のシネコン。老若男女?!で大変な賑わい。
でも、やっぱりこの映画のハコだけは、シニア夫婦割?なカップル中心に、
比較的空いている感じでしたねえ。
原爆投下の実写とそれらしき映像で始まり、
マッカーサーがやってきて、主人公・フェラーズに天皇の戦争責任についての極秘調査の任務を与える。
東条英機や近衛文麿、木戸幸一、関谷貞三郎(宮内次官)らに聞き取り調査していく。
その忙しい中、恋人の鹿屋アヤの消息を尋ねるという流れ。

ラブストーリーなく、歴史ミステリーとして徹底して欲しかったなと、ちと残念に思う。
それに、日本人俳優のみなさん、すばらしい演技だったので、もっとそっち掘り下げてよ!!という感じ。
特に、天皇の補佐役だった、関屋氏を演じた夏八木勲さんの秀逸だったこと。
天皇が御前会議で示した祖父の和歌を詠じた場面は、染み入りましたね~。
もっと、長生きしてイイ仕事を拝見したかったです。
そして、昭和天皇を演じた片岡孝太郎さんもよかった。
マッカーサーとの会談の場面。冒頭で英語で伝えた言葉には、思わずぐっときてしまいました。

で、玉音放送を巡る事件があったりでしたが、以外に最後はあっけない感じ。
これで終わり?? と思いながら、映画館を後にした次第です。
帰宅途中、一緒に観ていたダーリンと、これは、誰向けのお話だったのかしらね~、と。
日本人? アメリカ人? 
白黒がなんとなくつかない感じは、映画の中で語られていた日本人は灰色な国民というように
映画も灰色な感じだという感想でした。
帰宅後、公式ページを見て、なんとなく、真意はわかったのですけどね・・・。
関屋氏の孫だというプロデューサーの奈良橋サンの想いは伝わった感じです。
忠実に再現することにこだわったということでしたが、
どうも、冒頭部分、荒廃した焼け野原のロングカットで映っていた荷車をひく牛。
沖縄あたりでみる、すんごい角した水牛風だったのが、つい目に留まってしまい、
気になって仕方がなかった・・・。東京であんな牛いたっけ??
あと、主人公の恋人の叔父さんの家の外景。なんとなくしっくりこなかった。
伝統的な日本家屋を、かなり頑張って再現したそうですが・・・。
なんて、些細なところが気になってしまいましたが、
日本の俳優陣は、とても素晴らしいものを感じました。
イギリス生まれの監督が、そこまで演技指導したのかは疑問なので・・・。

ということで、評価も灰色な感じで、星3つかな??? ★★★☆☆

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

大変良かった本の話「永遠の0(ゼロ)」 [TV・映画に勝手にダメだし!?]


永遠の0 (講談社文庫)

永遠の0 (講談社文庫)




この週末、帰省する際、お供の1冊が「永遠の0(ゼロ)でした。
美容室の店長さんが、以前からお勧めですよ~といっていた1冊。
店頭で文庫本があったので、購入しました。
結構な厚さで、少し躊躇しましたが・・・。
で、片道3時間の行き返りの車中プラス、実家でも6時間余りで読みきりました!!
戦闘場面や航空用語、地理的間隔が今ひとつな私でしたが、
物語の展開が、素晴らしく、次は、次は・・・と一気に読み進めました。
最後の不思議な人のつながりにも、大満足。
また、児玉清さんの書評も素晴らしいものでした。

この夏、なんだか零戦ばやりですね~。
NHKの特別番組もあったようで、8/3の前編にたまたま遭遇。
前半を見逃してしまったのが悔やまれます。
8/10は後編のようなので、これは録画予約!!
でも、「風立ちぬ」はどうかしら・・・?
それより、永遠の0の12月公開が決まったようで、そちらが楽しみです♪
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

映画「じんじん」 どうもしっくりこなかった・・・*.* [TV・映画に勝手にダメだし!?]

映画 「じんじん」の映画鑑賞券をいただきました。
ダーリンの知人が制作にかかわっているということで、見せて頂きました。

==================================
泣いても笑っても めでたしめでたし 『じんじん』 
ゆうばり國際ファンタスティック映画祭 ファンタランド大賞、人物賞 受賞
企画・主演/大地康雄 監督/山田大樹 脚本/坂上かつえ
映画じんじん.jpg
Introduction・・・
ひとりの俳優(大地康雄さん)が絵本の里(北海道剣淵町)で見た
子どもたちの明るい未来を映画に託し、すべての親と子に贈る。

Story・・・
絵本の里がつなぐのは、心やさしい人びとの無償の愛。
大地に染みわたる親子の絆。
==================================

ということでいざ映画館へ! しかし、予想通りお客さま少なかったですね。(10人ほど)
絵本好きか、ご当地に縁のある方か、久々に映画に出演された中井貴恵さんに逢いたかったか・・・。
それはそれで、大きな問題ではありません。
近くの女性二人連れ・・・ 「泣ける映画なのかな~」などと話しておられました。
まあ、少なからず、そんな感じだと想いつつ、始まりました。

さて、勝手にダメだし・・・

主人公・銀三郎は離婚し、6歳(?)の娘は妻と共に去っていきました。
で、10年ほど会うこともなく、大道芸人をしながらなんとなく暮してました。
幼馴染が剣淵町で農場をやっていて、銀三郎は手伝いに行きます。
そこで、農業研修の女子高校生と出会い、その一人が、なんと・・・・。
互いに名乗りあえず、心を通わせることもできない。
そこで、銀三郎は、昔、娘に語ったお話の続きを絵本にすることに。
それを剣淵町の絵本コンクールに出し、優勝するから、
表彰式でまた逢おうと女子高校生に伝えます。
その結果は・・・?

というストーリーは、まあ珍しくはありませんが、それはそれでよいかと。
剣淵町的には町の大変よいPRになりましたね。
久々に登場の中井貴恵さんも、変わらず大人の素敵な女性でした。
芸達者な女優、俳優のみなさんも多数出演しておられ、熱演されていました。

ただね・・・
主人公の銀三郎が56歳で、娘が女子高校生というのが、見た目辛い。
どうしても、孫に見えてしまうんですよね。
それに、銀三郎が子供の頃の話が挿入されているのですが、
その映像って、昭和の初期の開拓の頃の感じじゃない?? 何時代でしたっけ??
それらが気になって、いわゆる「イイ話」なんでしょうがすんなり入ってこないんですよね。
もう一つ言えば、音楽が、いわゆるそういう場面の定番的な感じなのですが、
もんのすんごく壮大な感じで、映像ついてこれない感じが否めない。

大地さんの企画の意図は大変にすばらしいのですが、
もうちっと、脚本と監督、頑張ってほしかったなあ~。
ちなみにダーリンは、
「僕に時間をくれたら、もうすこし“イイホン”書けそうな気がする・・・。」
とのことでした。

<勝手に評価> ★★☆☆☆
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

1/2:映画「北のカナリアたち」を観て想う [TV・映画に勝手にダメだし!?]

実家で一人暮らしの父を尋ねるお正月映画鑑賞が恒例です。
田舎町なので、話題の最新作はなかなか・・・。
今年のチョイスは、父の希望で「北のカナリアたち」です。

==================================
20年ぶりの再会。それは衝撃と感動への序曲。
『北のカナリアたち』  東映創立60周年記念作品 2012年11月3日公開
監督/阪本順治 撮影/木村大作 原案/湊かなえ「往復書簡」
www.kitanocanaria.jp/
==================================

吉永さんの主演なので、何故かお堅いイメージの古風な作品と思っていたら・・・。
展開も速く、エピソード山盛りで、そこそこ意外な結末で、楽しめました。
原案が湊かなえさんだったので、WOWWOWドラマ『贖罪』と雰囲気が似ていましたね~。
登場人物がそれぞれに、何かしらの過去と現在を抱えていて、
芸達者な皆さんがしっかり演じていらっしゃいました。

で、勝手にダメだし!?
・先生と勝地涼さん演じる青年(役名忘れました・・・)が再会し、札幌を移動する場面。
 多分中央図書館近くの喫茶店から路面電車に乗って、公園らしき所を歩き、
 宮崎あおいさんが勤める保育園へ。
 その公園の場面が半端なく吹雪いていたのはどうでしょう。
 おそらくお天気の都合でロケ強行だったとは思うのですが、
 そこまで吹雪かなくていいんでないかい!! という感じ。 監督の意図なのかしらぁ??

・雪の場面は確かに監督のこだわりもおありのようでした。
 が、もう少し、雪の合成、旨くいかなかったのかしら??
 島から見える山の風景が様々に、美しく撮影されていたのですが、
 それが、逆に不自然に感じられ、ちと残念でした・・・。

とはいえ、映画館で観ても「損した感」はなく、良い一年の始まりでした。
館内のお客さまは、年配のご夫妻が多く、
映画終盤では、あちこちからお鼻をすする音が聞こえてきましたよ♪
<勝手に評価> ★★★☆☆
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
TV・映画に勝手にダメだし!? ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。